頭皮のかゆみ

パッサパサの髪や乾燥した頭皮!洗い方とシャンプーの成分チェックで改善を

髪の毛・頭皮に悩みを抱えている方が多くいると思います。私自身もパサつきやすい髪質及び頭皮の乾燥に悩んでいました。

シャンプーを色々と試してみたりもしましたが、改善には時間がかかります。また皮膚科にも通いましたが、そこで処方された塗り薬やシャンプーに混ぜて使うタイプの薬もあまり効果が有りませんでした。

そこで私は根本的な部分である「髪の毛の洗い方」を見直しました。汚れも原因の1つと考えられるからです。

ヘアケアの基本?髪の毛の正しい洗い方

最初のすすぎ洗いをしっかりすれば大抵の汚れは落ちます。濡らすだけ、というのはダメですよ。そして、シャンプーでは擦りすぎずに優しくマッサージをする様に心掛けましょう。また、流し残しも頭皮トラブルに繋がりますので注意が必要です。

トリートメント

コンディショナー・トリートメントは頭皮につけずに表面と毛先に使用すること!こちらもしっかり洗い流しましょう。

そして、髪の乾かし方も重要です。しっかりと乾かし、頭皮に直接熱を与えないように、強風の使用を避け、最後に冷風で乾かすとまとまりがよくなります。

シャンプーの成分は把握してますか?

毎日使うシャンプーの成分を把握しておくことも大切です。フケやかゆみが多い方は薬用・医薬部外品の物を選びましょう。髪質改善の方は無添加・ノンシリコンを選ぶと良いでしょう。自分の悩みに合わせて選ぶことが大事です。

特に赤み・かぶれなどの悩みを抱えている敏感肌の方は、成分をしっかりと確認してください。

お酢とアミノ酸(リシン・ヒスチン・アルギニン)とラウレス3酢酸アミノ酸を洗浄剤として配合した世界一低刺激でアトピーや敏感肌の方でも安心して洗えるシャンプーがオススメです。香りも数種類あり、リラックス効果もあります。

シャンプーの購入

市販での購入は難しいですが、インターネットや美容室で販売しているので一度参考にしてはいかがでしょうか?

最後に、髪の毛だけではなく、頭皮も紫外線を多く受けます。日頃からこまめにオイルトリートメントや頭皮専用の日焼け止めで対策しましょう。髪で年齢・印象が大きく変わります。日頃から正しいケアを心掛けてくださいね。

なお、頭皮トラブルはストレスや食生活が原因である事もあります。しっかり心身をリフレッシュし、栄養を摂ることで改善される場合もあるので、この点についても気を配ってみてください。

ニキビに悩む女性

皮脂と乾燥があわさった混合肌のケア方法

10代のころは、ひどいオイリー肌で悩んでいました。特にTゾーンがひどかったです。顔の中心がテカテカと光っているから恥ずかしかったし、なによりニキビができやすくて困りました。

朝は無かったニキビが、昼間に鏡を見るとできているってことが何度もありました。いわゆる思春期ニキビってやつですね。大人になれば皮脂の分泌量が落ち着くかなって思っていたのですが、それでも20代後半までニキビで悩み続けました。

30歳になってからは、オイリー肌に加えて頬や目元の乾燥が気になってきました。笑うと口元がカサカサと引きつるのが、よくわかります。ひどい時には、肌が粉をふいたようになります。

乾燥肌だとメイクのりが悪くなり、ファンデーションを塗ったほうが肌が汚く見えるのが困りものです。

鼻は皮脂が多くてベタつくのに、頬が白くカサカサと乾燥する混合肌になってしまい、スキンケアに悩むようになりました。

混合肌のケア方法

美容雑誌やサイトでケア方法を探してみると、どちらも保湿ケアを重点的にする必要があるとわかりました。

保湿ケア

肌の乾燥に保湿が大事だということは分かります。ですが、皮脂の過剰分泌にも保湿が大切だとは知らなかったので、驚きました。

皮脂が気になるTゾーンを保湿ケアすると、肌の水分と皮脂のバランスが良くなるそうです。それにより、皮脂が目立たなくなってくるそうです。

この情報を知ってから、肌の保湿ケアを意識しておこなうようにしています。洗顔やお風呂からあがったら、すぐに化粧水をつけるようにしています。化粧水も、保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドが配合されているものを選んで使っています。

同じ化粧水を使い続けていると保湿成分が1つに偏りやすくなるから、いくつかの化粧水を日によって使い分けるようにもしています。

化粧水の後は美容液、美容クリーム、乳液を付けています。週に2回、肌のスペシャルケアとしてパックをするようにしています。パックをはじめてから、混合肌が見違えるほど良くなってきたので、続けていきたいと思っています。

メイクをしたまま寝る女性 

ねえ知ってる?メイクを落とさずに寝るとどうなるか

夜遅くまで外出していたり、忙しくて夜ごはんを食べたらソファでぐったり…という日に、ついついやってしまいがちな「メイクを落とさず寝てしまう」という行為。私もちょっとだけ仮眠をとるつもりが、メイクをしたままぐっすり寝てしまうことがたまにあります。

そして次の日、荒れた肌を見て落ちこむ私。ファンデーションがのらないし、なんとなく頬がヒリヒリするんですよね。みなさんも1度は経験した事があるのではないでしょうか。

メイクを落とさずに寝ることが肌に悪いのは明らかですが、具体的にどんな弊害が起きるのでしょうか。

化粧で毛穴が詰まってしまう

まず第一の弊害が「毛穴の詰まり」です。下地を塗り、ファンデーションでカバーした肌は、見た目こそ美しいですが、肌の毛穴を塞いでしまった状態です。

そのまま一晩過ごすと、日中毛穴から出た汗や寝ている間に分泌された皮脂で毛穴がどんどん詰まっていきます。すると毛穴の中で雑菌が繁殖し、毛穴が開いたり、ニキビができる原因になってしまうのです。

肌の持つ役割が正常に機能しない

また、肌に残ったメイクにより、肌本来の働きが妨げられるという大きなデメリットもあります。肌は、身体に必要な水分が蒸発しないように守ってくれるバリア機能や汗を出して体温を適切に保つ調節機能を持ちます。また、肌のターンオーバーが夜の10時~2時の間に活発になるというのは有名な話ですね。

肌にとって、睡眠中は大切なケアの時間なのです。もし、メイクで肌を汚したまま睡眠に入ると、肌荒れが起きてしまうのは明確です。

最低でもメイク落としシートを使ってあげて!

メイク落とし

私は、どうしても寝たいけど顔を洗う気力がない!というときに「メイク落としシート」を使っています。

髪を結んで、ヘアバンドを付けて、お湯を出してメイクを落とすのは面倒でも、シートで顔を拭くだけなら寝転がりながらでもできるからです。シートでゴシゴシこするのは肌に良くないと思うので、こすらずに落とせるものを選んでいます。

シートを使うことすら忘れた日は、次の日にすぐメイクを落とし、ビタミンCのサプリを飲んでパックをしています。このやり方で、どんなに疲れていても美肌を保てるようになりました。ぜひ、試してみてください。

顔にできたニキビを鏡で見る女性

ニキビを悪化させてしまう手入れ方法

ニキビには様々な種類がありますよね。慢性ニキビや思春期ニキビ、油分の摂りすぎで起きるニキビ・・・。

慢性ニキビは医師相談を

このうち、慢性ニキビは原因を特定しないと完治しにくいんですよね。ですので慢性ニキビの方は、無闇に自己処理をすることはおすすめしません。皮膚科にかかられるのも一つの手だと思います。

ニキビの手入れに「殺菌」は良くない!?

市販のニキビ対策の商品

そして全ニキビに共通して言えることは「殺菌=ニキビが消える」という訳では無いということ。ニキビは油脂から出来ていますので、殺菌をする事はほとんど意味の無い事なんです。

では、なぜ殺菌をうたう商品が多いのか、というと菌を無くすことでこれ以上の悪化、肌荒れを防ぐためなんです。治す為ではないんですね。

それこそ皮膚科で処方された殺菌剤などを使用すべきでしょう。きちんといい菌を残しつつ、悪い菌をなくしてくれます。市販で殺菌をうたうものは危険だと、個人的には思います。

というのも、実は皮膚にはたくさんの潜在菌が存在しています。そしてその潜在菌が悪さをすることもありますが、基本的にはいい菌ばかりなんですよ。肌のバリアの役割をしてくれているんです。

そして殺菌というのは菌を殺すことですので、医療用はともかく、市販のものは潜在菌まで殺菌してしまう可能性があります

もちろん肌荒れが酷い時のみの使用はいい効果が現れるかもしれないのですが、ニキビがなくなってからも使用し続けるのは良くないです。これは医療用も同様ですね。

完治してもなお殺菌をし続けてしまえば、肌のバリアを常に弱まらせている事になりますので、ニキビでなくとも肌荒れを起こしてしまいます。

殺菌成分があるものは、せいぜいニキビが小さくなった頃までの使用がいいと思います。

やっぱりニキビは潰すな!

ニキビをつぶす男性

そして一番いけないのは、ニキビを潰してしまうことです。

余分な脂肪分を皮膚に押し出しているのがニキビなんですが、そのニキビを潰すと、また他の所にニキビができる可能性があります。

そしてニキビを潰したことによる陥没が出来てしまう可能性もあります。絶対にニキビを潰す行為はやめましょう。

まとめ

以上をまとめると
・慢性ニキビは安易な自己処理に注意
・殺菌成分には要注意
・医師と相談することも良し
・ニキビは潰してはいけない

ということになります。参考にしていただけると幸いです。

リフトアップ

自分が実践したお顔のリフトアップ術

私はもともと美容に関して興味があり、化粧品なども色々と試したりすることが大好きなのですが、悩んでいた事が有りました。

それは、「ほうれい線」と「」のラインの”たるみ”でした。ほうれい線を隠したくて、ファンデーションを厚く塗ってしまうと、逆にほうれい線にファンデーションが詰まり、目立ってしまうんです。

それと同時に太ってしまうとすぐに顔にお肉がついてしまって、顎のラインがぼやけてきてたるんでくることにも悩んでいました。何か同時に解決する方法がないか、プロの手を借りないとどうにも出来ないだろうか考えました。

気になる顔のたるみを消すリフトアップ術

その時にしていたことが、テレビなどでよく紹介されていた「リフトアップ術」です。舌を使って口の中からほうれい線の部分押し上げる方法でした。

確かに何もしなかった時よりも効果は有った様に思いますが、満足いくほどではありませんでした。

髪を後ろで結ぶ

いろいろ考えていた時にふと気がついた事が有りました。髪の毛を後ろへきつく結んでいる時は顔のたるみが少なく、またほうれい線も顎のラインもマシに見えると感じたのです。「これだ!」と思いました。

その頃から、ほうれい線や顎のラインだけを集中してせずに、まず頭皮から引っ張りあげるマッサージをしてから、おでこ、そして眼尻、頬へと斜め上へ持ち上げるように順番にマッサージしていきました。

目の周りのリフトアップ

頬の部分を上げる前に耳の後ろも斜め上へあげると効果的でした。時間があるときはお風呂上がりなどに、鏡を見ながらゆっくりとマッサージしました。お風呂でメイクを落とすときでも、リンパを意識しながらおでこから顎に向かって順番にマッサージすることで、少しずつではありますが効果がでてきました。

効果が出てくると私に合っているのだと思い、あとは継続するのみでした。マッサージする前とした後の差や左右差が見てとれるようになるので、できるだけ鏡を見ながらマッサージすることにしていました。結果、ほうれい線も頬を持ち上げる事によって薄くなっていき、顎のラインもくっきりと出てくるようになりました。

ニキビの女性

大人ニキビに打ち勝つ!耳寄り情報は意外と有効!?

初めてニキビができたのは、私が小学校高学年の頃。いわゆる思春期ニキビに悩まされつつも、思春期が終わればきっとニキビは消えるはず!と信じ続けていました。

時は流れ、私もすでに一児の母。私の学生時代を暗黒時代へと変えた憎きニキビは、いまだ健在・・・。「大人になったら消えるんじゃなかったの~!?」という悲痛な叫びも虚しく、次は大人ニキビの存在が私を苦しめることとなりました。

ニキビはメイクだけでは隠せない

大人の女性にとって決してかかせないメイク。このメイク時間こそ、私にとっては最大の修羅場なのです。

30分、念入りに時間をかけ丁寧に仕上げたベースメイクは、1時間もしないうちによれよれ。赤い斑状のニキビ跡と混ざり合って、悲惨なことに。

メイク直しをする女性

外出中の私は、メイクが崩れニキビ肌が露出してしまうことばかり気にかかり、一日に何回も化粧室に行ってメイクを直していました。何度も化粧室へかけこむ私を見て、ついに夫と友人達に『○○(私)って、結構厚化粧だよね。』と言われる始末。

これはなんとかしなくてはいけない!私は再びニキビに立ち向かうことを決意しました。

まずは情報集めから

とは言ったものの、今の私には小さい子供がいます。お金も時間もかけられません。「コスパがよくて、手軽で、効果のある方法」なんて有るはずないよ・・・と初っ端から挫けそうになりましたが、探してみると耳寄り情報がザクザクと出てくる!

効果的な洗顔、スキンケア方法、アイテムなどなど。情報をまとめ、早速実践してみました!

私が試した効果的な洗顔方法

洗顔をする女性

まずは蒸しタオルや湯船にしっかり浸かるなどして、毛穴をしっかり開いておきます。その後、泡のきめ細かいクレイ洗顔で洗います。私はルナメアACという大人ニキビケアに重点を置いた洗顔料を使っています。1本2000円くらいでコスパがいい!

さらに洗顔料にベビーパウダーを混ぜて泡立てると、より泡立ちがよく洗顔力が上がるそうです。ベビーパウダーはお肌に優しいので、ピリピリした感じもなくてよかったです!

洗顔後のスキンケアはこれ!

洗顔後のスキンケアですが、化粧水にはハト麦化粧水。乳液代わりにニベアを使っています。

ハト麦化粧水は安価だからたっぷりケチらず使えます!肌がひたひたになるまでつけて、なじむまでマッサージしています。

ニベアはとある高級クリームとほぼ同じ成分が入っているそうで、即効買いに行きました!手のひらで温めて薄く薄く重ねます。(塗りすぎると逆にニキビが増えたので注意!)

大人ニキビは「毛穴の詰まり」と「肌の乾燥」が原因だそうなので、しっかりと汚れを落とした後は丁寧に保湿することを心がけるようにしました。

キレイな肌の女性

約半年ほど、時々別の商品に変えてみたりしたものの、上記の方法とニベア、ベビーパウダー、ハト麦化粧水の3つのアイテムで、比較的肌の調子は整うようになりました。

「朝起きたら、巨大ニキビが大量発生してた!」なんてことも今はありません!

なにが素晴らしいかって、この商品はすべて近所のドラッグストアで手軽に手に入るところですね。圧倒的にコスパがよく、効果もある。誰でも簡単にできるので、絶対に試してみる価値はありますよ!

ホットヨガ

私のニキビ治療法~ホットヨガと基礎化粧品を変える事~

私は高校生の頃からずっと「ニキビ」で悩んでいました。皮膚科に通ったり、「ニキビに良い」と言われている化粧品を使ったり、と色々試したのですが、どれもいまいち効果がなく、化粧でニキビを隠そうとする日々でした。

昨年結婚したのですが、1年前に結婚が決まったときも嬉しい半面、「ニキビ治るかな」と不安な気持ちも有りました。綺麗な花嫁姿をみんなに見て貰いたいですからね。

私に効果の有ったニキビ治療法

結婚の1年ほど前から、まずは体型という事でホットヨガに通い始めました。ホットヨガに通いだすと、尋常じゃないぐらいの汗をかき、化粧も終わる頃には全て落ちてしまっているくらいで、爽快感がありました。ホットヨガにはまってしまい、週に3~4回通う日々が続きました。

ホットヨガ

肌のケアは、基礎化粧品をアルソアの化粧品に変更したぐらいです。ただ、ニキビがひどくなることなく、むしろだんだんとお肌の調子が良くなってきました。

ホットヨガに一緒に通っていた友人にも、通いだしたばっかりのときより肌が綺麗になったと言われるほど3ヶ月ほどで違いが出てきました。今まで、いろいろな方法を試してもここまでの効果がなかったので正直驚きました。

結婚式を迎えた時も、ニキビで悩んでいた人生の中で一番お肌の調子が良く迎えることが出来ました。

現在、妊娠をしているので、ホットヨガには通うことが出来ていないのですが、アルソアの化粧品はずっと使い続けています。たまに、ニキビが出来たりもしますが昔と比べるとニキビが出来にくい肌になり、またニキビが出来てもすぐ治る肌になったなと思います。

自分に合った治療法は必ず有る

ニキビの原因は十人十色で、治療法も十人十色だと思います。私は自分に合う治療法に出会うまで、10年ほどの年月が経ちました。途中で何度も挫折し、ニキビは一生治らない、もう何をしても無駄だと思う日々も有りました。

それでも諦めず、ニキビと向き合い、治療法を見つける事が出来て本当に良かったと思います。

女性

ニキビで悩んでいる人の気持ちは痛いほど分かります。そんな方に”自分に合う治療法は必ず有る”ということを伝えたいです。私もまたニキビで悩む時が有っても、その都度自分のニキビ治療法を見つけ、いつも綺麗なお肌でいられるよう努力をし続けていきたいと思います。

ニキビ・吹き出物

ニキビを作らないようにする方法

僕は中学生からニキビに悩むようになりました。小学生の頃は、ニキビを含め何の悩みもなく楽しく過ごしていたのに・・・。中学生になった途端、ニキビが出来て、その悩みのせいで心身ともに疲れが溜まりやすくなってしまいました。

今までニキビなんかできていなかったのに、どうしてニキビができるようになったんだろう?

ニキビの原因

ニキビの原因として一般的に言われるのは、ストレスや甘いお菓子の食べ過ぎ、睡眠不足、髪の毛の刺激などです。僕の場合はそのほとんどが当てはまっていました。

参考:ニキビは自分のバロメーター-発生する場所と原因

甘いお菓子

というのも、中学生になってから、友人関係や学業などでストレスを感じるようになったんです。そして、ストレスを解消したいから、甘いお菓子を大量に購入して、たくさん食べていました(悪循環)。

しかも、毎日深夜の1~2時頃に寝て、朝7~8時に起きてました。眠たくて、寝起きが辛かったです。

さらに、前髪が長かったので、髪の毛がおでこ(肌)を刺激し、おでこにもニキビが出来るようになりました。

鏡を見る度にショックを受けました。ニキビなんかこの世から無くなれば良いのにと・・・。しかし、ニキビを恨んでいても顔からニキビは無くなってくれません。

このようにニキビを作ってしまう環境を作り出した自分がいたのも確かです。そのため、前向きに改善を試みる事にしました。

【改善方法】ニキビを作らないように

ストレスを溜めない事

始めに「ニキビは男女関係なくみんなに出来るもの」だと認識してください。ニキビで悩んでいるのは自分だけではない、と考える事が1つ大切なポイントになります。そうすることで心にゆとりが持てます。

リラックス

前述したように、ニキビの1つの原因は「ストレス」です。ストレスを溜めないようする事がニキビを作らないようにする方法の1つです。ストレスをたくさん溜め込むと自律神経のバランスが崩れて、ニキビが出来てしまいます。

なのでストレスを溜めないようにしましょう。

髪の毛はなるべく短く(男子限定)

2つ目は髪の毛に気を付ける事です。長髪の男性なら分かると思いますが、おでこにニキビが出来やすい理由は、髪の毛先がおでこに刺激を与えてしまうからです。特に乾燥肌の男性はニキビが出来やすいタイプです。

肌の潤いが少く、肌がカサカサしていて、肌が赤くなるので、ニキビが出来やすいです。

短髪

なので、長髪の男性でおでこにニキビが出来やすい人は短髪にするのがオススメです

肌のケア-乳液タイプのクリームがオススメ

3つ目は肌のケアです。中学生から肌のケアはした方が良いです。特に、乾燥肌で悩んでいる人。肌がパリパリと乾燥している時は、ダメージを受けやすく、ニキビの発生に直結します。

僕自身もニキビと乾燥肌に悩んでました。僕の場合、乾燥肌は食事と睡眠を改善しても治らなかったです。また、「オロナイン」では乾燥肌を治す事が出来ませんでした。一時的に乾燥肌を防いでくれましたが、残念ながら治らなかったです。

乳液

そこで僕は「日焼け止めクリーム」で乾燥肌の改善を試みました。たくさん有る「日焼け止めクリーム」の中で乳液タイプの日焼け止めがオススメです。

乳液は肌を保護してくれて、優しく肌を守ってくれるからです。無添加・無機物・無臭のクリームだったのも良かったのかもしれません。

一概に「この商品が良い」とは言えませんが、自分に合った日焼け止めクリームがきっと有るはずです。

注意点としては、夜寝る前にきちんと洗い落とす事です。日焼け止めクリームがついたまま寝ると、肌に汚れが沈着して、ニキビが出来やすくなるからです。

以上、僕自身が行ったニキビ改善の方法でした。誰しもに効くわけでは無いと思いますが、興味の有る人は試してみて下さい。

参考:長年のニキビ・吹き出物がこの薬で良くなりました

噛む

美容に良いことをするならば毎日しっかりと噛む習慣をつけましょう!

女性の中には、とても小顔で、年齢の割りには若々しく、可愛らしい雰囲気の人も少なくありません。どうしてそんなに若いのか、同じ女性としても気になるところですね。

女性の小顔は、身体のバランスが良く見えるだけでなく、化粧なども映えますし、年をとっても若く見せる効果もあります。そのため、小顔になりたい女性も多いようです。

けれど、小顔になると言うと、美容整形・・・と思う人もいるかも知れません。でも、日常的な動作から、小顔を目指すことも出来ます。それは、毎日しっかりと物を噛むことです。噛むと言う動作は、美容にもとても良いとされています。

噛むことで顔を引き締める!

小顔

物を噛むと、顔の筋肉である口輪筋などを使うことになります。そうなると、噛む動作を繰り返すことで、顔の筋肉が引き締まりますので、キュッとした小顔を目指せます

それに、噛むと言う動作によって、リンパの流れも良くなりますので、血行促進の効果もあり、余分な顔のたるみを防止したり、身体全体の血液の流れの改善にもなります。

噛むことで満腹中枢を刺激してダイエットにも!

また、噛むと言うことは、脳の満腹中枢にも働きますので、しっかりと噛むことで満腹感を得ることも可能です。

そのため、ダイエットではしっかりと食事を噛んで食べることも大事です。美容面でも、スリムな体型を維持したり、痩せるためにも噛むことは良いことだとされています。痩せたいと思ったら、まずはしっかりと噛む習慣をつけましょう。

唾液の分泌が促されるため美肌になれる!

それに、噛むと言う動作を行えば、同時に唾液も分泌されます。この唾液には、身体の酸化を防ぐ作用もあり、若々しい身体にしてくれる作用などもあります。

また、唾液が多量に分泌することで、身体の免疫力もアップします。そのため、病気になりにくくなったり、髪や肌にも良い効果があります。

噛む

その他にも、噛むと言う動作は、脳を活性化させますので、あまり頭がさえないと言う場合にも良いことです。ストレスも緩和されますし、精神的なリラックス効果もありますので、毎日きちんと食事の際には噛むと言うことを忘れないようにしましょう。

美容

オールインワンジェルでハリと潤いを失った肌に力を!

最近、年をとってきたせいか、顔に「ハリ」「潤い」「肌の弾力感」がなくなってきました。これまでは普通に化粧水と乳液でお手入れしていましたが、さすがに「これではダメだ」と思い、噂になっていた「オールインワンジェル」というものに挑戦してみることにしました。

自分に合ったオールインワンジェル探し

しかし、実際に薬局で探してみると、いろいろな商品が有り、どれを購入しようか、すごく悩みました。パッケージに書いてある内容を見比べていると、化粧水、乳液、美容液、クリーム、パック、化粧下地等、少しずつ入っているものが違っていることが分かります。

今私が欲しいのは美容液やパックのような効果があるもので、できれば夜寝る前に使いたいと思っていましたので、まず、化粧下地の入っている商品は候補から除外することにしました。

そして、値段も1000円程度のものから1万円を超えるようなものまで様々あったのですが、いきなり高級なものに手を出して、自分の肌に合わないと困るので、安価なものから選ぶことにしました。

化粧品

その結果、DHCの「濃密うるみ肌」というものを使ってみることにしました。ちょうど、セールになっていてお買得感を感じたのと、化粧水、美容液、乳液、クリーム、マッサージクリーム、パックで6つの効果があるのが魅力でした。

「濃密うるみ肌」のハリ・潤いへの効果は?

私の肌は合わないとすぐに赤くなったりという問題が起こったりするのですが、使い始めてしばらく経っても、赤くなることはもちろん、シミやニキビができたりすることもありませんでした。

ハリと潤い

しかも、少しずつ肌にハリが出てきて、しっとりとした感じになってきました。もちっとした感触やぷにぷに感はまだ出てきていませんが、もう少し使っていけば、そういう効果も出てくるのではないかと期待しています。

たまたま出会ったものでしたが、安くても良いものは良いんだなと改めて思いました。金額が高いものに手を出さずとも、安価でより良いものを手に入れられるというのはすごく特した気分です。

ほかの人にもおすすめしたい一品となりました。