メイク

ニキビがある場合はメイクをしない方が良い!?

私は顔にニキビができやすい体質です。学生の頃ほどはできませんが、今でも定期的にぽつぽつとできるから困ってます。だから普段から顔を清潔に保つようにしています。特に洗顔をしっかりして、ニキビができないようにします。

ニキビってひとつでもできると痛いんですよね。赤くなって目立つだけならまだ許せるのですが、ちょっと触れただけでも痛みが走るから、やたらと顔を触ることができないんです。ひっかきでもしたらもう大変です。痛みをこらえるために数十秒使うことになりますね。

でも最近は良い薬が出回っているので意外と簡単に治ったりするんですよね。昔もよく薬を塗って治してましたが、今でもたまにニキビの治療薬を買ってきて寝る前に塗ってます。今はほとんどできないので塗ることもそうないのですが、塗るとわりとすぐに治ってしまうから、ニキビができたら塗るのを忘れないようにしています。ニキビ用の塗り薬はいつでも家に置いておきます。私の兄もニキビができやすい体質なので、一緒に使って治してます。

参考:小さいニキビのうちに撃退!私の方法は「ニベア」

私は濃いメイクを普段あまりしないので、わりと早く治る方だと思います。ただ、メイクをしなければ治りが早くなるというのは私の勝手なイメージで、実際の所はどうなのでしょうか?

メイクとニキビの関係

鏡を見る女性

大人になってから仕事を始めるとノーメイクで仕事をするというのは、なかなか困難ですよね。でもニキビにはメイクは良くないなんて話を聞いた事もあるかもしれません。

結論から言うと、メイクがニキビ発生の直接的な原因になるわけではありません。ニキビの原因は男性ホルモン・ストレス・食生活などが主な物となります。

ただし、現在既に炎症を起こしているようなニキビには悪影響を及ぼす事があるかもしれません。化粧品の中には肌に刺激の強い物などもあり、このような化粧品を使用している場合はニキビが悪化する可能性があります。

そのため、メイクをする場合には使用する化粧品を低刺激の敏感肌用の物やニキビに影響が無いとされているノンコメドジェニックの化粧品を使用すると良いでしょう。

こういった点を気をつけていればメイクをしてもニキビが悪化する事は無いでしょう。

メイクのワンポイントとしては頬などにニキビがある場合には唇など顔の中央部分に強めの色を差す事で人の視線をニキビではなく、中央部分に逸らす事が出来ます。このようなメイクの工夫をする事でニキビある部分を薄化粧にする事も出来ますね。