学生

学生時代の大きな悩みであるにきび

学生時代の悩みのひとつとして「にきび」があります。私もそんな悩みをかかえた学生の一人でした。今は25歳なので、約10年前の中学・高校時代は他の子と比べ物にならないほど、にきびがかなりひどかったです。

ちょっとひっかけるとすぐ血が出るし、見た目的にも不衛生でした。その当時でもにきび対策・治療薬がいくつかあって、私は「アクネス」という塗り薬を使用していましたが、効果はいまいちでした。

夜に塗り、朝起きると少しはマシになったかな?程度ですが、日中顔面油だらけになるので、家に帰ってくるころには元通り。油取り紙なんかも使って常にきれいにしていたつもりなんですが、私の学生時代ににきび対策に成功したことはありませんでした。

プロアクティブを使いたかった

今なんかはプロアクティブがあるので、いいなーと思います。大人になった今はにきび、吹き出物もなく試す機会はありませんが、私の学生時代にこんな商品があったら使ってみたかったというのが本音です。

購入する機会は無いのですが、興味がてらプロアクティブについて簡単に調べてみました。

価格は、公式サイトでは30日分が6,900円で、60日分が13,800円となっていました。楽天などでは60日分を6回分購入する事で少し安く購入する事が出来るようですね。6回分って事は1年間も使用しなければ治らないという事なんでしょうかね。効果のほどはなんとも試していないのでなんとも言えません。仮に1年なら他の商品の方が効果があるのかもしれないと勝手に推測する次第です。

プロアクティブの口コミ

口コミをちょっと覗いてみると、

「1週間から2週間で効果が現れにきびが綺麗になりました。」

なんてのもあれば、

「使用当初は赤みが引いていくのを実感できましたが、それ以上の効果はなく、結局元通りになってしまった。」

なんて人もいました。

購入方法も公式サイトや楽天などのインターネットで購入する方法や自動販売機なんかでも購入出来ます。自動販売機ってすごいですね。ニキビ面でみんなに見られる前でプロアクティブを買う勇気は私にはありません。

ただこのプロアクティブにはニキビ跡を元通りにするような効果は無いようなのです。にきびがつぶれると、月のクレーターのように顔面ボコボコになってしまいますよね。私自身顔面ボコボコになっているので、それを治せるような薬があれば・・・と思います。にきびに悩まされずに、みんな笑顔になれるような、そんな日が来ればいいですね。

参考:若い子に伝えたい。ニキビは絶対潰さないで!

ニキビの女性

肌に出来てるにくいやつ。それがニキビ

中学生ぐらいからお肌にポツポツとでき始めた肌に出てくるにくいやつ、はい、ニキビの事です。周りの友達もその辺りからおでこにほっぺ、鼻にまでみんなでき始めた気がします。

顔に出来るとすごく恥ずかしくて洗顔はもちろん初めて化粧水を使ったりして必死にニキビが出来ないように頑張ってお手入れしてました。けどどれだけやっても気付くと肌のどこかに赤いポツポツが…なかなか仲良くなれないニキビさん。今なら思春期だから仕方ないと思うけど、当時はだんだん外見を気にしはじめてニキビが出来ると死活問題!ダメとは分かりつつも潰してみたり、毛穴がにゅるにゅると出てくるのが快感になってしまったり。ニキビには悩まされました。

今も油っこい物を食べるとすぐに出来たり、体調悪くなると出てきたりまだまだ悩まされています。うまく付き合うにはどうしたら良いのやら。

最近、顔に出来たにくいニキビを指摘され「ニキビ」が出来たと言うと、その歳はニキビじゃなくて「吹き出物」でしょと言われてしまいました。歳を取ると名前を変えるにくいやつ、出世魚みたいと思った私はあんがい奴を嫌いではないみたい。今はメイクで隠す技を覚えたしね!まだまだ当分は肌に出来るであろうが仲良くいこう。ま、出てこないに越したことはないんだけど。

ニキビと吹き出物の違い

結論から言うと、ニキビと吹き出物に違いはありません。

大人になってから出来たニキビの事を吹き出物と言い、10代に出来た物をニキビと呼ぶようです。

吹き出物と聞くと、ものすごく汚いイメージですよね。そこで生まれた言葉が大人ニキビです。この大人ニキビに対して生まれたのが、思春期ニキビや青春期ニキビです。

これらは、ニキビとしては全く同じですが、発生原因は異なります。思春期・青春期ニキビはホルモンバランスが主な原因で、大人ニキビはストレスや生活習慣が原因となります。

なので、大人になってからニキビが出来た時に「ニキビ」と言うと「それは吹き出物です」と訂正されるシーンがありますが、ニキビと言っても間違いでは無いのです。大人ニキビが出来たと言う人はいないかもしれませんが。

ただ、知っておいて欲しいのは呼び方の違いなどではなく、その発生原因です。なぜなら、発生原因が違えば対処方法も異なるからです。

きつい薬を顔に塗らなくても、しっかり休息をとって体を労わってあげればニキビが治る場合もあるので、その点は注意して欲しいかなと思います。

参考:ニキビは自分のバロメーター-発生する場所と原因