疲れた女性

疲れて見えるのはお肌の黒ずみが原因

30代後半から、ぜんぜん疲れていないのに「疲れてる?」と人からやたらに心配されるようになりました。私の性格はそこまで明るくないにしても暗いとまではいかないので、急にそんな事を言われて原因がしばらくわからなかったのですが、最近疲れているように見えるのは肌の黒ずみが原因ではないか?と気付きました。

鏡を見る女性

朝洗面台に立って歯磨きをしながら自分の顔を見ると、確かに疲れているように見えるのです。

肌の黒ずみは特に、目の下のクマとなり、本当に疲れていても元気でも関係なく私の表情を暗くしてしまっています。マッサージが良いのではと思い、しばらく顔全体のマッサージをしてみたのですがほとんど効果が無いのでやめてしまいました。マッサージが効果がないので、ファンデーションやコンシーラーを使って黒ずみを隠していますが、夜の洗顔後の素顔をは自分で見ても怖いの一言。黒ずみ全開なので顔色最悪で、まるでおばけです。よくこんな顔で今まで外に出ていたものだと自分でも変な関心を抱きました。

女性

美魔女と呼ばれる人々はたいてい肌がきれいです。以前テレビで、ある美魔女が氷水に顔をつけたり、出したり、毎日お肌のために努力をしている様子を放映していました。美しさを保つためには、ここまでしないといけないのか、と絶句しましたが、きっと年を重ねているのに美しい人は何かしらの努力を人知れずコツコツしてしているのだろうと、美魔女と何もしていない自分を比較して感じました。

私のようにほとんど努力をせず年をとるのに身をまかせていると、お肌の黒ずみがいつのまにか定着してしまう。美は一日にしてならず、努力をする人が女としての勝者なのかと思いながらも今日も何も努力をしそうにない自分に嫌気が差しました。

そこで美魔女になるとまでは言わないにしても女性として最低限の努力はしなければと、黒ずみ対策の為に出来る事から始めようと一念発起し、洗顔と食生活の改善を始めました。

洗顔は洗顔用の石鹸を購入して、泡立ててから円を描くように優しく顔を洗うようにしました。そして食生活に関してはラーメンや揚げ物などの油の多い食事は控えるようにし、バランスの良い食生活へ切り替えるようにしました。

効果のほどは劇的には現れていませんが、化粧のせいかどうかわかりませんが「疲れてない?」と聞かれる事は無くなってきました。ただ夜帰宅して鏡を見て自分の事をおばけだと思うようにはならなくなってので効果は多少なりと出ているのではないかなと感じています。