美容

無理な毛穴のケアと角栓の除去はニキビ発生の原因

よくテレビのコマーシャルやインターネットのバナーなどで「イチゴ鼻」などという言葉で毛穴の汚れが表現されます。確かに角栓がすっかり黒くなってしまって汚れが目立つ鼻の頭はイチゴのように見えなくもないです。イチゴに対する食欲が無くなってしまう表現に心境は大変複雑なのですが。

この毛穴の角栓の汚れを何とかするべく色々と手法を施してきたのですが、この方法を間違えたが故に鼻や頬にニキビを生んでしまい逆にもっと悪い方向に悪化させてしまいました。

角栓の汚れを取ろうとしてニキビを作ってしまうなんて最悪の展開です。ニキビを作ってしまった時のネガティブなショックは女性ならではでしょうか?兎に角何故こんな事が起こってしまったのか自分の行ってきたことを振り返ってみることにしました。

どうやら毛穴の中の角質を抜く器具で無理やり角栓を引っこ抜いたことで毛穴にさらなる角栓が生まれそこからニキビができてしまったみたいです。この手の器具や毛穴の角栓を取るためのパックは使い方を間違えると逆効果どころかこのようにニキビを発生させてしまうことがわかりました。

角栓の役割と取り除き方

角栓はなければ良いというものではなく、細菌などが進入してこないように、毛穴を守っているものです。この角栓は肌のターンオーバーと共に自然と取れるようになっているのですが、これを無理やり取ろうとすると、肌が過剰に反応してしまい、より皮脂を多く分泌しさらに大きな角栓を生んでしまいます。その結果、毛穴を角栓が埋めてしまい、ニキビの原因となってしまうのです。

角栓を無理やり取る事で、この悪循環にはまり綺麗な肌を取り戻そうとした行動が結果として悪い方向になってしまったのが、私のパターンです。では、大きくなってしまった角栓をどうすれば良いのかというと、一気に処理をしようとするのではなく、「徐々に」というのが正解です。

脂の少ない食事、睡眠時間の確保、そして洗顔をする事で徐々に角栓を小さく・正常な状態に戻すようにしましょう。私がかなり遠回りして見つけた方法は、蒸しタオルなどで毛穴を広げてからこれでもかと泡立てた洗顔液で優しくなでるように毛穴をなでながら洗い流す。これが最良のケアだという事に辿り付きました。

肌は非常に敏感なものですから、早急な方法や刺激の強いものなどには過剰に反応してしまい逆効果になってしまうので、スキンケアをする際には即効性を求めるのはなく、効果が現れるまである程度の期間を待つ心のゆとりを持って挑むようにしましょう。