ニキビの女性

大人になってもニキビから逃れる事が出来ません

学生の頃、かなり私はニキビに悩まされていたのでいよいよ二十歳を超える頃になるとやっとこれでニキビから解放される、なんていう事を考えていたものでしたね。ニキビは若い人の悩みだと思い込んでいたいましたから。

ですが実際、二十歳を超えてからもずっとニキビは改善されないままだったので、自分で色々と情報を収集をする事にしました。そこで気付いた事は、やはりニキビは若い人だけではなく、大人いわゆる大人ニキビがあって体調のバランスが不安定であったり紫外線対策がしっかりとできていなければ結局の所、ニキビは治らないと知りました。

体調のバランスは健康面にも配慮する必要がありますが、それプラス美容効果も考えないとなかなかニキビというのは頑固な症状なので改善を図る事ができません。私個人としてはニキビがたくさんできている時にはやはり体の内側的にも外側的にもあまり刺激になるような物をとりいれない、という事が大事だと思っています。

ニキビができ始めるとどうしても即効性のある薬品やら化粧品、飲み薬などを期待しがちなのですが、これだと結局は体質そのものが改善されずニキビ対策の効果はそれ程望めないでしょう。やはりじっくり取り組むのが一番ですから毎日のトータルビューティーケアとして考えていく事が生活の張り合いからしても効果的だと今では実感しています。

年齢によるニキビの原因

学生

学生などの若い頃に発生するニキビ、いわゆる青春ニキビは、体が成長する過程で男性ホルモンを大量に分泌するようになり、皮脂がどうしても多くなります。これは男性ばかりではなく女性も同様の事が言えます。大量に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせてニキビの原因となります。若い時期は特にTゾーンと呼ばれるおでこと眉間から鼻にかけてのゾーンによくニキビが出来るようになります。

大人の女性

一方、大人になって出来るニキビはそのままで大人ニキビと言われています。原因は青春ニキビと同じで毛穴の詰りですが、大人ニキビの場合には大量に分泌される皮脂以外にもストレスや健康状態や生活習慣といった様々な理由が考えられます。また皮脂の少ない乾燥肌であってもニキビが出来てしますので、ただただ皮脂を取るために洗顔をすると、かえって症状を悪化させてしまう事があります。

参考:子供の時のニキビと大人になってからのニキビについて

これらの他にも、女性に特有の生理前ニキビや産後ニキビなどがあります。これらはホルモンバランスやストレスなどが原因と考えられています。ニキビは青春時代のものではなく、大人になっても付き纏うやっかいな物である事がわかりますね。