笑顔とシワ

目もとのシワは笑顔が多い証拠

シワが気になり始めたのは37歳位の時でした。長年、趣味でサーフィンをしていた割にはシワというシワは少なく年相応の肌つやだったのですが、35歳を過ぎた頃から目元のシワが気になり始めました。

普通にしていれば現れないシワも笑ったりするとクッキリと出てくるので、なるべく笑わないように気を付けていたいた時期もありました。そんな不自然な笑顔を出している私に、当時、付き合っていた彼氏に言われ事があります。「眼尻のシワはよく笑う証拠なんだと思うよ!女性は笑っていた方が断然!美人だと思うよ~」男性の目線って全てがシワがある=老けているでは無いんだ!とその時感じました。

そう思えたら、笑うと出るシワも私のチャームポイントにすれば良いじゃない!と思いなおして、それからはおもいっきり笑って過ごしています。ただ、ネットやコスメコーナーへ出向いた時には、多少のアドバイスを頂いて、夜だけ使用するアイクリームは欠かさず塗っています。

シワを取ったりシミを消したりする人達も多いですが、私は個人的にシワやシミもある程度のケアは必要ですが、体系や皮膚とのバランスがおかしい処理は返って年齢が上にみえてしますのでしない方が良いと思います。かと言ってせっかく女性に生まれてきたのですから、多少のケアは必要だと思います。

目元のシワの原因

目のシワ

ただ、女性の中には「私は普段そこまで笑顔で過ごしていないののに目元のしわが出来る」という人もいるかと思います。目元のしわは当然笑顔だけが原因ではありません。原因の一つとして考えられるのは、眼球疲労です。

パソコンや携帯電話などの使い過ぎや睡眠不足などから眼球に疲労が溜まり目元のシワの原因となります。スキンケア用品でシワ対策をする事も一つの改善策ですが、こういった普段の生活習慣を見直す事でシワの原因を取り除く事が出来るかもしれません。

また、メイクも一つの原因となります。シミやシワを隠す為に行うメイクが、かえってシワを悪化させてしまう恐れがあるようです。メイクをしっかり落とさなければ肌に負担がかかり、またしっかり落とそうとするとクレンジングオイル等で肌のあるべき潤いまで洗い落としてしまうからです。

メイクを落とす際そして落とした後のケアもしっかりと行う事が重要です。

目元のシワが気になると私のようにぎこちない笑顔になってしまいますので、しっかりとケアをして満面の笑顔が出来るように心掛けましょう。