疲れた女性

体質が変化して大人になってニキビに悩まされる私

大人になってから「ニキビ」「吹き出物」が出るようになってしまいました。私は20歳以上なので、吹き出物ということになりますが、昨今では「大人ニキビ」という言い方もするようです。

体質の変化で脂肌に!

20代の頃まではアトピー肌で、どちらかというと乾燥肌。脂取り紙がなぜ存在するのかさえわからないほど皮脂の量が少なく、ニキビはそれほど発生しませんでした。

ところが、20代の半ばに内臓の病気を発病し、30代になって病気のための薬を使用するようになってから体質が激変し、急激に脂性肌に…!

大人ニキビとの闘い

脂肌になった事で、顔と背中にニキビが大発生しました。それらのニキビは「洗顔+漢方薬+塗り薬」によって改善する事が出来ました。

しかし、その後からはずっと、夏には皮脂が出てきてファンデーションが溶けだしているのではないかと思うほどドロドロギトギトになり、脂取り紙1枚では取り切れない程です(笑)

生理

生理前になると、おでこの髪の生え際や小鼻の周辺、顎下のあたりのどこかに、大抵1~2個のニキビが出てきます。赤ニキビでしょうか。なんとなく痛いな、と思っている場所が、そのうち大きくなって、顔の表面に出現するのです。

顔の皮が薄い部分だからかわかりませんが、その1~2個ができただけでも、皮膚が突っ張る感じがして痛みがあるので、とても不快です。

できてしまったニキビに対しては、皮膚科で処方される「クリンダマイシンゲル」や「ダラシンTゲル」等を塗ります。が、私自身のかさぶたがあったら剥がしたい、血豆や水疱が出来たら潰したいという性格が災いして、つい、ニキビの膿を出したいと考えて、針で刺してしまいます。

しかし、実のところはほとんど膿は出ません。血の混じった浸出液が出てくるばかり。そうして、傷をわざわざ作ってしまうのです。

傷跡はほとんど目立たなくなるほど回復する事が出来ますが、本来はそうすべきではない事は言うまでも有りません。みなさんの中にも、ニキビを潰したいと思う気持ちが分かってくれる人が、いるのではないでしょうか。

大人ニキビを、日頃のケアで予防したいと思い、「化粧水+キュレルのクリーム」などで保湿しようと努めているのですが、やはりどうしても出来てしまいます。病気とは言え、体質が変化してしまった事が非常に悔やまれます。

ニキビの女性

誤ったニキビ対策をすると逆効果

私は、中学生の頃からニキビ吹き出物に悩まされてきました。小学生の頃はニキビの気配もなく、姉のニキビをからかっていたのですが、中学になると私自身もニキビができるようになってしまったのです。

やはり、家族なので体質も似ているのでしょう。そういえば、母も若いときは、ニキビが出来やすかったと、言っていました。

ニキビができ始めた時はかなりショックで、誰にも相談することができませんでした。今思えば、ニキビ経験者の姉や母に相談しておくべきだったと後悔しています。そんな訳で、思い切り自己流の誤ったニキビケアをやってしまっていました。

誤ったニキビ対処法で大変な事に

洗顔

当時の私の中ではニキビの原因は「顔の脂」だったので、とにかく一日に何度も顔をごしごしと洗っていました。知識のある今では、もちろんそれが逆効果なのを知っています。洗い過ぎは、逆に皮脂の過剰分泌につながってしまうのです。

さらに、保湿なんてもってのほかだと思い込んでいたので、無論「化粧水」や「乳液」などをつけることもしませんでした。ニキビ肌でも、ある程度肌を整えるために潤いが必要なのに、まったく保湿していなかったのです。その結果、毛穴が目立つ荒い肌になってしまいました。

正しいニキビ対策

ようやく本腰あげてニキビ対策をしようと思ったのは、大学生になってからでした。高校時代は受験勉強や部活などで忙しく、それどころではなかったのです(それに女子高でしたし、あまり異性の目を気にしていませんでした)。

まずは、皮膚科に行き、ニキビができにくい生活習慣から学びました。それまでは、夜更かしし放題、食生活も荒れ放題でしたが、皮膚科の先生に言われてからはなるべく早く寝て、肌によいものを進んで食べるようになりました。

すると、しつこかったおでこのニキビがみるみるキレイになっていったのです。頬やアゴのニキビはまだありましたが、それだけでも十分な進歩です。なかなか治らない頬とアゴのニキビは、皮膚科でもらった薬(ディフェリン)を塗ることで改善していきました。

今でもまだ油断すると、ニキビができることもありますが、以前に比べるとずっときれいな肌になりました。