リフトアップ

自分が実践したお顔のリフトアップ術

私はもともと美容に関して興味があり、化粧品なども色々と試したりすることが大好きなのですが、悩んでいた事が有りました。

それは、「ほうれい線」と「」のラインの”たるみ”でした。ほうれい線を隠したくて、ファンデーションを厚く塗ってしまうと、逆にほうれい線にファンデーションが詰まり、目立ってしまうんです。

それと同時に太ってしまうとすぐに顔にお肉がついてしまって、顎のラインがぼやけてきてたるんでくることにも悩んでいました。何か同時に解決する方法がないか、プロの手を借りないとどうにも出来ないだろうか考えました。

気になる顔のたるみを消すリフトアップ術

その時にしていたことが、テレビなどでよく紹介されていた「リフトアップ術」です。舌を使って口の中からほうれい線の部分押し上げる方法でした。

確かに何もしなかった時よりも効果は有った様に思いますが、満足いくほどではありませんでした。

髪を後ろで結ぶ

いろいろ考えていた時にふと気がついた事が有りました。髪の毛を後ろへきつく結んでいる時は顔のたるみが少なく、またほうれい線も顎のラインもマシに見えると感じたのです。「これだ!」と思いました。

その頃から、ほうれい線や顎のラインだけを集中してせずに、まず頭皮から引っ張りあげるマッサージをしてから、おでこ、そして眼尻、頬へと斜め上へ持ち上げるように順番にマッサージしていきました。

目の周りのリフトアップ

頬の部分を上げる前に耳の後ろも斜め上へあげると効果的でした。時間があるときはお風呂上がりなどに、鏡を見ながらゆっくりとマッサージしました。お風呂でメイクを落とすときでも、リンパを意識しながらおでこから顎に向かって順番にマッサージすることで、少しずつではありますが効果がでてきました。

効果が出てくると私に合っているのだと思い、あとは継続するのみでした。マッサージする前とした後の差や左右差が見てとれるようになるので、できるだけ鏡を見ながらマッサージすることにしていました。結果、ほうれい線も頬を持ち上げる事によって薄くなっていき、顎のラインもくっきりと出てくるようになりました。