顔にできたニキビを鏡で見る女性

ニキビを悪化させてしまう手入れ方法

ニキビには様々な種類がありますよね。慢性ニキビや思春期ニキビ、油分の摂りすぎで起きるニキビ・・・。

慢性ニキビは医師相談を

このうち、慢性ニキビは原因を特定しないと完治しにくいんですよね。ですので慢性ニキビの方は、無闇に自己処理をすることはおすすめしません。皮膚科にかかられるのも一つの手だと思います。

ニキビの手入れに「殺菌」は良くない!?

市販のニキビ対策の商品

そして全ニキビに共通して言えることは「殺菌=ニキビが消える」という訳では無いということ。ニキビは油脂から出来ていますので、殺菌をする事はほとんど意味の無い事なんです。

では、なぜ殺菌をうたう商品が多いのか、というと菌を無くすことでこれ以上の悪化、肌荒れを防ぐためなんです。治す為ではないんですね。

それこそ皮膚科で処方された殺菌剤などを使用すべきでしょう。きちんといい菌を残しつつ、悪い菌をなくしてくれます。市販で殺菌をうたうものは危険だと、個人的には思います。

というのも、実は皮膚にはたくさんの潜在菌が存在しています。そしてその潜在菌が悪さをすることもありますが、基本的にはいい菌ばかりなんですよ。肌のバリアの役割をしてくれているんです。

そして殺菌というのは菌を殺すことですので、医療用はともかく、市販のものは潜在菌まで殺菌してしまう可能性があります

もちろん肌荒れが酷い時のみの使用はいい効果が現れるかもしれないのですが、ニキビがなくなってからも使用し続けるのは良くないです。これは医療用も同様ですね。

完治してもなお殺菌をし続けてしまえば、肌のバリアを常に弱まらせている事になりますので、ニキビでなくとも肌荒れを起こしてしまいます。

殺菌成分があるものは、せいぜいニキビが小さくなった頃までの使用がいいと思います。

やっぱりニキビは潰すな!

ニキビをつぶす男性

そして一番いけないのは、ニキビを潰してしまうことです。

余分な脂肪分を皮膚に押し出しているのがニキビなんですが、そのニキビを潰すと、また他の所にニキビができる可能性があります。

そしてニキビを潰したことによる陥没が出来てしまう可能性もあります。絶対にニキビを潰す行為はやめましょう。

まとめ

以上をまとめると
・慢性ニキビは安易な自己処理に注意
・殺菌成分には要注意
・医師と相談することも良し
・ニキビは潰してはいけない

ということになります。参考にしていただけると幸いです。