髪型

ニキビの原因の一つは髪型!工夫して、ニキビを防ごう

気を抜くとすぐ出来てしまうニキビにお悩みの方は多いと思いますが、同じく青春時代をニキビとの戦いに費やしてきた私の、ニキビ対策法を伝授致します。朝晩のフェイスケアはもちろん大事なのですが、意外に重要なのが髪型です。髪の毛から肌に受ける刺激って、肌にとっても良くないんですね。

顔にかかる髪がなければ、すくなくとも髪の毛でひどくなるニキビは防げるはずですから、一番いい髪型はオールバックやひっつめ髪なのです。しかし、おでこやフェイスラインを出す髪型に抵抗がある人は多いでしょうから、ここではなるべく刺激が少なく、気になるフェイスラインも隠すポイントをご紹介します。

前髪を作るなら、眉毛のラインで切り揃えましょう

まゆげがあることで、おでこへの刺激がおさえられます。ただし、目尻から横の生え際にかけてはノーガードになりますから、ご注意を。

フェイスラインを隠す髪の毛は、顎より下のラインで切り揃えましょう

顎に毛先がチクチクするのを防ぐためです。フェイスラインに集中してできやすい方には不向きと言えます。

どちらのポイントも、髪の毛がそこにあることでニキビができるリスクは上がりますから、前髪を作るならフェイスラインは出す、フェイスラインを死守したいなら前髪は上げる(ポンパドールなどにすれば小顔効果が望めます)などでこまめに様子を見ながら髪型を工夫してくださいね。

髪の汚れもニキビの原因

毛先が肌に当たって刺激を与えるのもニキビの原因となりますが、一方で髪の汚れもニキビの原因となります。

屋内・屋外を問わず空気中には誇り等が浮遊していますので、それが髪に付着し汚れの原因となります。目に見えにくいものですから結構油断しがちです。

シャンプー

その他には、髪の毛を綺麗にするためのシャンプーやトリートメントの洗い残しも汚れの原因になります。また、ワックスやスプレーなどのスタイリング剤もニキビには強い刺激となり、悪化する原因となります。

このような汚れから肌を守り、ニキビを悪化させないためにも前述した髪型の工夫をする事をオススメします。

スタイリング剤に関しては、美容室でパーマをあてる事で使用量を抑える事も出来るかもしれませんね。また手洗いもしっかりする事も心掛けましょう。意識的に、また無意識に髪の毛を触る機会が多いと思います。手が汚れていたらさらに髪の毛を汚す結果になってしまいます。

ニキビの発生・悪化を防ぐために髪型や汚れに関してはより一層注意をするようにしましょう。

「ニキビの原因の一つは髪型!工夫して、ニキビを防ごう」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です