ニキビ・吹き出物

ニキビを作らないようにする方法

僕は中学生からニキビに悩むようになりました。小学生の頃は、ニキビを含め何の悩みもなく楽しく過ごしていたのに・・・。中学生になった途端、ニキビが出来て、その悩みのせいで心身ともに疲れが溜まりやすくなってしまいました。

今までニキビなんかできていなかったのに、どうしてニキビができるようになったんだろう?

ニキビの原因

ニキビの原因として一般的に言われるのは、ストレスや甘いお菓子の食べ過ぎ、睡眠不足、髪の毛の刺激などです。僕の場合はそのほとんどが当てはまっていました。

参考:ニキビは自分のバロメーター-発生する場所と原因

甘いお菓子

というのも、中学生になってから、友人関係や学業などでストレスを感じるようになったんです。そして、ストレスを解消したいから、甘いお菓子を大量に購入して、たくさん食べていました(悪循環)。

しかも、毎日深夜の1~2時頃に寝て、朝7~8時に起きてました。眠たくて、寝起きが辛かったです。

さらに、前髪が長かったので、髪の毛がおでこ(肌)を刺激し、おでこにもニキビが出来るようになりました。

鏡を見る度にショックを受けました。ニキビなんかこの世から無くなれば良いのにと・・・。しかし、ニキビを恨んでいても顔からニキビは無くなってくれません。

このようにニキビを作ってしまう環境を作り出した自分がいたのも確かです。そのため、前向きに改善を試みる事にしました。

【改善方法】ニキビを作らないように

ストレスを溜めない事

始めに「ニキビは男女関係なくみんなに出来るもの」だと認識してください。ニキビで悩んでいるのは自分だけではない、と考える事が1つ大切なポイントになります。そうすることで心にゆとりが持てます。

リラックス

前述したように、ニキビの1つの原因は「ストレス」です。ストレスを溜めないようする事がニキビを作らないようにする方法の1つです。ストレスをたくさん溜め込むと自律神経のバランスが崩れて、ニキビが出来てしまいます。

なのでストレスを溜めないようにしましょう。

髪の毛はなるべく短く(男子限定)

2つ目は髪の毛に気を付ける事です。長髪の男性なら分かると思いますが、おでこにニキビが出来やすい理由は、髪の毛先がおでこに刺激を与えてしまうからです。特に乾燥肌の男性はニキビが出来やすいタイプです。

肌の潤いが少く、肌がカサカサしていて、肌が赤くなるので、ニキビが出来やすいです。

短髪

なので、長髪の男性でおでこにニキビが出来やすい人は短髪にするのがオススメです

肌のケア-乳液タイプのクリームがオススメ

3つ目は肌のケアです。中学生から肌のケアはした方が良いです。特に、乾燥肌で悩んでいる人。肌がパリパリと乾燥している時は、ダメージを受けやすく、ニキビの発生に直結します。

僕自身もニキビと乾燥肌に悩んでました。僕の場合、乾燥肌は食事と睡眠を改善しても治らなかったです。また、「オロナイン」では乾燥肌を治す事が出来ませんでした。一時的に乾燥肌を防いでくれましたが、残念ながら治らなかったです。

乳液

そこで僕は「日焼け止めクリーム」で乾燥肌の改善を試みました。たくさん有る「日焼け止めクリーム」の中で乳液タイプの日焼け止めがオススメです。

乳液は肌を保護してくれて、優しく肌を守ってくれるからです。無添加・無機物・無臭のクリームだったのも良かったのかもしれません。

一概に「この商品が良い」とは言えませんが、自分に合った日焼け止めクリームがきっと有るはずです。

注意点としては、夜寝る前にきちんと洗い落とす事です。日焼け止めクリームがついたまま寝ると、肌に汚れが沈着して、ニキビが出来やすくなるからです。

以上、僕自身が行ったニキビ改善の方法でした。誰しもに効くわけでは無いと思いますが、興味の有る人は試してみて下さい。

参考:長年のニキビ・吹き出物がこの薬で良くなりました