鏡と女性

長年のニキビ・吹き出物がこの薬で良くなりました

若いころからニキビに悩まされ、洗顔や食生活に配慮すると共に、色々なニキビ治療薬も試してきました。もともと皮脂分が多い体質のようで、治療薬も一時的に効果が出るものもあれば、身体に合わない物もあって苦労しました。

年齢と共に若干マシになりましたが、社会人になった途端、また吹き出物が酷くなって病院で診てもらいました。診断によると、急に吹き出物が出始めたのは、体質に加えて仕事のストレスなども原因じゃないかと言われてしまいました。生活面で改善することはできても、仕事のストレスだけはなかなかゼロにできないので、悩みながら治療をしていました。

ある日、友人から「良い皮膚科がある」と教えてもらい診察してもらうことにしました。診察の中で、同じようにストレスも原因のひとつだと言われましたが、同時に長年のニキビにより皮膚の表面が固く角質化していることを指摘されました。そのことにより、皮脂が詰まりやすくなっているとのことで、まずはそこから治療しましょう、ということでした。

医師の勧めで「ディフェリンゲル」という塗り薬を試すことにしました。詳しいことは判りませんが、ピーリングという作用によって角質が除去されるということです。

医師からは副作用の可能性もあるとのことで、細かい注意点まで教えてもらって薬を使用しましたが、特に副作用的なものは見られず、明らかに肌が綺麗になっていく様子が自覚できました。夜の洗顔後に使用するとか、塗った後に保湿するなど手間は掛かりますが、かなりの効果なのでニキビや吹き出物に悩んでいる人にお奨めしたいです。

ピーリングとは

ピーリングとは、固くなってしまった肌やニキビ跡などの古い角質を取り除いて、本来の綺麗な肌に戻すものです。大まかな種類としては、薬を用いたケミカルピーリングとレーザー光などを用いるレーザーピーリングがあります。

ピーリングを行う事で、肌のターンオーバーを元に戻し、美肌を取り戻すことが出来ます。

しかし、さきほども書いたように副作用が発生する場合があります。ケミカルピーリングでは薬の成分に酸が含まれていて、酸の強弱に違いがあり、肌の質などによっては合わない場合があり、ヒリヒリしたり、赤くなって軽い火傷のような状態になってしまう事があります。

特に自宅でピーリングを行う場合には、いきなり顔に塗るのではなく、腕などで自分の肌に合うかどうかを試してから使用した方が良いでしょう。万能の方法では無いという事は頭の隅に置いておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です