疲れた女性

体質が変化して大人になってニキビに悩まされる私

大人になってから「ニキビ」「吹き出物」が出るようになってしまいました。私は20歳以上なので、吹き出物ということになりますが、昨今では「大人ニキビ」という言い方もするようです。

体質の変化で脂肌に!

20代の頃まではアトピー肌で、どちらかというと乾燥肌。脂取り紙がなぜ存在するのかさえわからないほど皮脂の量が少なく、ニキビはそれほど発生しませんでした。

ところが、20代の半ばに内臓の病気を発病し、30代になって病気のための薬を使用するようになってから体質が激変し、急激に脂性肌に…!

大人ニキビとの闘い

脂肌になった事で、顔と背中にニキビが大発生しました。それらのニキビは「洗顔+漢方薬+塗り薬」によって改善する事が出来ました。

しかし、その後からはずっと、夏には皮脂が出てきてファンデーションが溶けだしているのではないかと思うほどドロドロギトギトになり、脂取り紙1枚では取り切れない程です(笑)

生理

生理前になると、おでこの髪の生え際や小鼻の周辺、顎下のあたりのどこかに、大抵1~2個のニキビが出てきます。赤ニキビでしょうか。なんとなく痛いな、と思っている場所が、そのうち大きくなって、顔の表面に出現するのです。

顔の皮が薄い部分だからかわかりませんが、その1~2個ができただけでも、皮膚が突っ張る感じがして痛みがあるので、とても不快です。

できてしまったニキビに対しては、皮膚科で処方される「クリンダマイシンゲル」や「ダラシンTゲル」等を塗ります。が、私自身のかさぶたがあったら剥がしたい、血豆や水疱が出来たら潰したいという性格が災いして、つい、ニキビの膿を出したいと考えて、針で刺してしまいます。

しかし、実のところはほとんど膿は出ません。血の混じった浸出液が出てくるばかり。そうして、傷をわざわざ作ってしまうのです。

傷跡はほとんど目立たなくなるほど回復する事が出来ますが、本来はそうすべきではない事は言うまでも有りません。みなさんの中にも、ニキビを潰したいと思う気持ちが分かってくれる人が、いるのではないでしょうか。

大人ニキビを、日頃のケアで予防したいと思い、「化粧水+キュレルのクリーム」などで保湿しようと努めているのですが、やはりどうしても出来てしまいます。病気とは言え、体質が変化してしまった事が非常に悔やまれます。

ニキビの女性

誤ったニキビ対策をすると逆効果

私は、中学生の頃からニキビ吹き出物に悩まされてきました。小学生の頃はニキビの気配もなく、姉のニキビをからかっていたのですが、中学になると私自身もニキビができるようになってしまったのです。

やはり、家族なので体質も似ているのでしょう。そういえば、母も若いときは、ニキビが出来やすかったと、言っていました。

ニキビができ始めた時はかなりショックで、誰にも相談することができませんでした。今思えば、ニキビ経験者の姉や母に相談しておくべきだったと後悔しています。そんな訳で、思い切り自己流の誤ったニキビケアをやってしまっていました。

誤ったニキビ対処法で大変な事に

洗顔

当時の私の中ではニキビの原因は「顔の脂」だったので、とにかく一日に何度も顔をごしごしと洗っていました。知識のある今では、もちろんそれが逆効果なのを知っています。洗い過ぎは、逆に皮脂の過剰分泌につながってしまうのです。

さらに、保湿なんてもってのほかだと思い込んでいたので、無論「化粧水」や「乳液」などをつけることもしませんでした。ニキビ肌でも、ある程度肌を整えるために潤いが必要なのに、まったく保湿していなかったのです。その結果、毛穴が目立つ荒い肌になってしまいました。

正しいニキビ対策

ようやく本腰あげてニキビ対策をしようと思ったのは、大学生になってからでした。高校時代は受験勉強や部活などで忙しく、それどころではなかったのです(それに女子高でしたし、あまり異性の目を気にしていませんでした)。

まずは、皮膚科に行き、ニキビができにくい生活習慣から学びました。それまでは、夜更かしし放題、食生活も荒れ放題でしたが、皮膚科の先生に言われてからはなるべく早く寝て、肌によいものを進んで食べるようになりました。

すると、しつこかったおでこのニキビがみるみるキレイになっていったのです。頬やアゴのニキビはまだありましたが、それだけでも十分な進歩です。なかなか治らない頬とアゴのニキビは、皮膚科でもらった薬(ディフェリン)を塗ることで改善していきました。

今でもまだ油断すると、ニキビができることもありますが、以前に比べるとずっときれいな肌になりました。

ニキビ・吹き出物

たががニキビのせいで青春も喪失する

私は学生時代ニキビに悩まされていました。両親が飲食店を経営していたこともあって、いつも食事は「揚げ物」や「インスタント食品」が多く、今思えば過剰な脂質の取りすぎもあったかと思います。

幼いころは美味しい美味しいと、から揚げでもコロッケでもパクパクと食べ続け、それがダメということに気が付きませんでした。油も酸化したものだったかもしれません。

小学生時代には既に

その結果、「小学生にしてニキビ?」と、周りから言われるほど顔中に脂ぎった「ニキビ」が噴出していたのです。小学校の高学年になると、女の子も自分の外見を意識し始めます。顔中に広がったニキビを目立たなくさせようと必死です。

オロナインをニキビに塗り付け、その上にちぎったティッシュを張る独自のニキビ対策をしていた事を覚えています。なぜだかその方法が効くと自分で信じていました。親には何してるの?と言われましたが、なんとか顔のニキビを治したいがために小学生ながら必死でやっていました。

恋愛に臆病になってしまった青春時代

でもなかなか治らず、中学校、高校と結局ニキビとともに過ごしました。

恋愛

年頃ですから「恋愛」もしたくなります。ですが、顔のニキビが気になって、片想いの人にどう思われるか考えて落ち込む毎日でした。つやつやの肌で恋愛をしている同級生がとてもうらやましく、憧れていました。

ただのニキビのせいで性格が卑屈になってしまうのです。一度気に入ってくれた同級生にも冷たい態度をとってしまい、相手が反対に自分は嫌われていると感じていたようです。そうではなく、ニキビのある顔で近づくのが嫌だっただけなのですが、こんなにも青春を変えてしまうのです。結局、鏡とにらめっこの毎日で恋愛が成就することもなく、中学・高校時代は幕を閉じます。

進学・就職に影響も

そして、高校を卒業した私は、フリーターになってしまいました。進学、就職を決める際にも、精神的にニキビは影響を及ぼすのです。思考回路に常に悩みのニキビがあるので本当にしたいこととか、進みたい道とか選択することができなくなってしまうのです。

大袈裟かと思われるでしょうが、もしかしたらニキビに悩む方ならわかるかもしれません。大事な青春時代をなるべくニキビなんかで潰してしまう子が減るといいと思っています。

顔のシミを気にする女性

馬プラセンタサプリメントでお肌が劇的変化?

顔のシミを気にする女性

私は現在40代の専業主婦です。10代・20代の時は、アウトドアに出かけるのが大好きでした。春夏はBBQ、秋になれば紅葉狩り、冬になればスノーボードという感じで、とにかく家にいるよりも外に行くことの方が多かったんです。

もちろん、拙い知識ながらも紫外線を浴びるのは良くないこと・・・と理解しているつもりでしたから、なるべく日焼け止めは塗るようにしていました。とは言え、かじった程度の知識だったので、その当時はSPFとPAの違いなんて全く分かっていなかったですけど。

で、アラフォーに差し掛かった頃、周りのママさんと比べて、「私のお肌ってちょっと劣化早くない?」と思うようになりました。育児の疲れはあるものの、別にお肌の手入れを怠ったという認識は有りません。

しかし、それにも関わらず、周りのママさんたちよりもお肌が汚いのです。

これはもしや・・・若いころのムリがたたって来ているのでは?と怖くなりました。なんとかしなければ!とは思うものの、もはや何をすれば良いのか分かりません。

そこで、私はまず近くの美容クリニックの「お肌チェック」に有料ですが行ってみました。(有料と言っても500円程度の物です。)目的は「紫外線の蓄積でお肌が劣化しているか否かを確かめること」です。

病院

診察すること10分。担当者の人が「若いころ結構アウトドア派でしたか?」と聞いてくるでは有りませんか。もちろん、私は何も言ってませんよ。

話を聞いていると、やはり「若いころのケア不足が今になって噴出してきている・・・」という事でした。美容クリニックで美肌ケアをするという手法も有ったのですが、どうにも高くて手が出せません。

一応、今からしっかりとしたケアをすればある程度は劣化を隠すことが出来ると言われた事だけが唯一の救いでした。しかし、元々肌ケアはそれなりにやっているつもりでしたから、何から始めれば良いのか分かりません。

馬プラセンタサプリを見つけたキッカケ

何かお手軽に出来る美肌ケアはないものか~と情報を探していた時に知ったのが「馬プラセンタのサプリメント」でした。なんでも、私が見たサイトにはこんな事が書かれていました。

耳慣れないという人もいるかもしれませんが、21世紀以降健康面・美容面の双方に非常に素晴らしい効果を発揮する【秘薬】とも言える成分がブームになっています。それこそが「プラセンタエキス」です。

(出典:馬プラセンタサプリ比較ネット~人気のプラセンタが丸わかり!

馬プラセンタサプリ比較ネット

なんか凄そうですよね。しかも、プラセンタの中でも馬プラセンタは貴重なので、その効果も高いとかなんとか。上記サイトによれば、シミ・シワ・たるみ・ニキビ・あるいは更年期障害などありとあらゆる問題に対処できるのが「馬プラセンタサプリメント」だそうです。

「本当かなぁ?」

と思いつつも、まずはお試し。一番人気の「キレイデプラセンタ」という馬プラのサプリが、たった2,000円からお試し出来るという事で試してみました。

注文から3日程度で到着。早速一粒飲んでみました。感想は「くさい・・・・」この一言に尽きます。プラセンタって滅茶苦茶くさいんですよ。でも、これだけ臭いがあるってことはそれだけ効果が有ることなんだろうと思って、お試し分は毎日継続することを決めました。

馬プラを試してみた感想

でも、そんな必要なかったです。だって、始めて飲んだ次の日の朝からお肌の違いを実感出来ましたから。

朝起きて、顔を洗ったら何だか「お肌がモチモチ」しているんです。お肌と手が吸い付く感じ。40歳になってから、こんな経験なかったのでびっくりしました。例えて言うなら「スッポン」を食べた日の翌日のお肌の感じ。

「これは凄い!」と思って、3ヶ月継続しました。するとどうでしょうか・・・周りのママさんたちから、お肌の事で褒められるようになったんです!今までは私が「きれいなお肌ね~」としか言った事が無かったのに。

本当、飲んでみて良かった!それから自信を付けて3年以上継続しています。今でもお肌が綺麗だね~って言われますよ。もし、急激にお肌が劣化した経験があるなら、まずは「馬プラセンタ」から始めてみては如何ですか?

ニキビ・吹き出物

30代になって吹き出物を気にして必死に洗顔する自分がいた

ニキビというのは大人になると「吹き出物」と言い換えられるそうです。30代になってニキビというか吹き出物が出てきたのですが、それがたまにポツポツと出てきて、なかなか治らない事があります。

吹き出物の対処法は洗顔

洗顔

吹き出物の原因は「食べ物」か「細菌」か、またはその両方かもしれません。とくに、食事に脂肪分が多い場合には、吹き出物が多くなる傾向に気付きました。

そんな時の対処法は「洗顔」ということですが、どうしても吹き出物を潰してしまう事を止められません。

参考:長年のニキビ・吹き出物がこの薬で良くなりました

吹き出物を潰すと、中の白い塊がムニムニと生命体の様に出てくるではないですか。あのムニムニと出てくる瞬間を、見ているのがなんとなく楽しい事もあります(私だけかな)。何か吹き出物を潰すことによって、悶々としたストレスが減らせるような気もしています。

勿論吹き出物を潰してしまった後には、薬用石鹸で洗っておくなど、ちゃんとしたケアもしています(じゃあ潰さず、洗顔しろよと)。

洗顔をしていて思うのですが、たしかに洗顔フォームを使用すると、吹き出物の減り方が早いです。とくに、お湯を使って泡立ちを良くしてから洗顔を行う事によって、吹き出物を小さくし、減らす効果が有ります。子供の頃はニキビが出来ても、洗顔をほとんどしなかった記憶があります。洗顔しなくても、勝手に治っていたからでしょう。

大人になり、年齢を重ねていくごとに、肌は良くない状態へと傾いてしまいます。これは仕方が有りません。とくに、40近くになってみると、その傾向は一層強く感じ取られるようになってきました。今になって吹き出物を気にして、洗顔をよくしているというのも、変な話です。

見た目を気にしていないとは言いながら、内心では「老化現象」や「見た目」を気にしている自分が確実にいます。少しでも見た目を良くしたいというのは、誰もが持っている感情だから、当たり前の反応をしているだけといえばその通りです。自分もそうなのだなあと思って、今日も吹き出物の様子を観察し、一日数回の洗顔をしています。

鏡を見る女性

レーザー治療のシミ取り効果と副作用

鏡を見る女性

私は子供の頃からソバカスが多く、30代になるとソバカスが濃くなってシミになってしまいました。

厚化粧は好きじゃないので、部分的にコンシーラーを使ってはみたものの、相当に厚塗りしないとカバーし切れません。

悩んでいたところ、母から友人が皮膚科でシミ取りをした話を聞きました。

痛みも無くすぐに終わるし、5千円くらいからとのことだったのでそれなら私も取ってもらおうと思い、さっそく皮膚科を予約しました。

レーザー治療体験

クリニック

料金は大きさによるので、診察の結果、私のシミ取りは「1万円」とのことでした。ちなみに、大きさは1センチ四方くらいです。

麻酔は注射では無く塗り薬で、20分くらい薬が効くのを待ってからレーザーを照射しました。

目にレーザーの光が入らないようにアイマスクをしていたので、どんな様子かは見えませんでしたが、痛みは全くありませんでした。

ただ、何となく肉が焦げているような嫌な臭いはしました。

「一週間くらいしたら、シミの形通りに薄いかさぶたが剥がれて綺麗になるからね」と、先生に言われました。1週間後には本当にその通り、かさぶたの下から綺麗な皮膚が現れました。

こんなに簡単にシミ取りが出来るとは思っていなかったので、もっと早くやれば良かったと少々後悔しましたね。

ただし、レーザー治療にはリスクもあるようなんです。

レーザー治療の副作用

私の場合は、レーザー治療でシミは綺麗に取れましたが、レーザー治療を受けた事でかえってシミが濃くなってしまう場合もあるようです。

その原因は主に「刺激」です。

レーザー治療を受けた部分の肌は新しい細胞です。つまり、刺激に非常に弱くなっています。

治療後に、物理的な刺激紫外線による刺激などはシミを悪化させてしまいます。

夏のひまわり

紫外線は5月頃から秋にかけて非常に強くなるので、この時期のレーザー治療はなるべく避けた方が良いようですね。

あとは、レーザー治療を施す医者の「」と「アフターケアの指導」も重要です。腕の無い、またはアフターケアについてしっかり説明してくれない病院で治療を受けるとシミが悪化する原因となってしまいます。

私が受けた皮膚科はしっかりしていたので、シミは綺麗になりました。

現在も、別の場所にやや目立つシミが出来つつあるので、また同じ皮膚科で除去してもらおうと思っています。

クリニック

シミよ!薄くなれ!!私のクリニック体験談

夏のひまわり

若い時に日焼け対策をしなかった私のお肌は、20年後の現在シミがすごい事になっています。

シミの事を気にし出したのは、3年前の妊娠していた時です。鏡を見ると、顔に無数のシミが・・・。

しかし、「妊娠中は女性ホルモンが崩れるため、シミがでやすく、出産するとシミは消える」と、本に書いてあったので、全く気にしませんでした。自分に都合の良い情報を当てにしてしまったんです。

この情報は残念ながら私には当てはまらず、3年経った今も顔に出来たシミは消える事は有りませんでした。これはヤバい!と思い、シミ取り専門のクリニックへ

クリニック

ちゃんと調べてもらったら、「若い時に紫外線のお手入れを怠ったために出来たシミです。」と言われました。若い時にどのように過ごしていたのかについては、何も言ってなかったのにバッチリ言い当てられた事に驚き、そして先生に対しての信用が生まれました。

早速シミ取りをお願いしたのですが、このクリニックは特殊な機械でシミの色素を取ります。色素をどんどん取っていくので、一回やっただけでも薄くなります。

私は5カ所、試しにやってもらったのですが、ガーゼに点々と薄茶色のシミの色素が付いていました。クリニックのお姉さんに『これがシミの色素ですよ』と言われ、これがね~と感心していると、すぐに鏡を持ってきて取った部分の肌を見せてくれました。

確かに、薄くなってる!!

これを何回かやると完璧に無くなりはしないけれど、薄く目立たなくなるそうです。シミの色素を患者に見せて、そして、鏡で薄くなっている事も確認してもらうクリニックの手段に、「うまいなぁ」と関心しました。シミを消したいと思っている人に、もう一度来てもらうには抜群の効果が有るからです。

私もその内の1人でして、次回の予約もして帰りました。必ずシミが薄くなる事を信じて通い続けます。

日傘

日焼け止めはSPF値とPA値が重要!これで紫外線をシャットアウト

年を取ると共に増えてくるのが「シミ」です。女性ならシミなんて1つも出て欲しくないと思いますよね。私も顔に大きなシミが出来たらイヤなので、日頃から気を付けている事が有ります。

日焼け止めで紫外線対策を

夏のひまわり

まず紫外線対策です。外出時は日焼け止めを塗り、さらに日傘や帽子も使います。よく言われるように、紫外線が最も強いのは5月なので、4月頃から日焼け止め対策をしっかりするようにしています。冬は夏と比較すると少なくはなりますが、ゼロでは有りません。そのため、しっかりとケアをしたい人は、冬場も外出時は日焼け止めを薄くで良いので、塗った方が良いでしょう。

顔だけでなく、腕や首にも日焼け止めを塗りますが、特に気を付けたいのが耳です。帽子を被っていれば大丈夫ですが、何かの折に帽子を取ることも考えられるので耳にもしっかり日焼け止めを塗りましょう。

SPF値とPA値

日焼け止めは、SPF値も大事ですが近年重要視されているPA値でも選びます。

SPF値とは、紫外線を浴びた時に赤くなる時間を「20分を1」として表した値を言います。値が大きい方が、紫外線から長時間、肌を守ってくれます。

PA値とは、紫外線を浴びて肌がどれくらい黒くなるかを表した値を言います。「+」が多いほど紫外線をブロックしてくれます。

PA++が普通に生活する際の紫外線対策として使われている人が多いようです。私は、念には念をという事で、出来るだけPA値が++++のものを選んでいます。

ビタミンCの摂取もお忘れなく

ビタミン豊富な果物

紫外線対策と同時に、お肌に良いビタミンCをサプリで摂っています。

ビタミンCには、メラニン色素の沈着を防ぐ働きと、沈着してしまったメラニン色素を分解し薄める働きがあります。つまり、シミが出来てしまっても薄くしてくれるのです。

しかし、熱にも酸化にも弱く、年と共に食べ物からだけでは充分に摂取出来ないのではないかと思ったので、サプリでも摂るようになりました。

また、何よりビタミンCは体内でコラーゲンやヒアルロン酸を生成するのを助けますから、是非とも摂りたいものです。

サプリによる栄養素の過剰摂取を心配する人もいますが、ビタミンCは少々多目に摂っても余分な物は排泄されるので安心です。

ビタミン豊富な果物

日焼け止めとビタミンで、シミを消して作らない!

紫外線

私は小さい時からテニスをやっていて、大きくなってもアウトドアのスポーツが好きだったので、ガンガンに太陽を浴びていました。シミはそのうち出来てしまうだろうなというぐらいで特に何もせず過ごしていました。

元々色白なわけではないので、目立つようなシミが出来てしまったわけではなく、今の所は極々小さなシミが出来ている程度に留まっています。

エステでビックリ

でもこの間よく行くエステで、シミ予備軍が見えるというカメラで自分の顔を見せてもらった時「ぞっ」としました。

枠線の色を赤に設定このカメラは微量のメラニン色素も捉えて映し出す事が可能なので、肉眼では確認出来ない将来のシミを見る事が出来ます。表面上はシミ一つ無い綺麗な肌の人でも恐ろしい映像になると思います。エステの他にも化粧品店などでもカメラを利用している所もあるので、怖い物見たさで一度試してみてはいかがでしょうか?

話を戻しまして、私にも「シミ予備軍」がもうしっかりあったのです。白黒で見せられたので余計にグロテスクな感じでちょっとやばいなとびっくりしてしまいました。これが「爆発」してしまったら私の顔中しみだらけなんじゃないかと怖くもなりました。

今まであまり、世間が騒ぐほどホワイトニング系の化粧品に興味がなかったのですが、さすがの私もそろそろというか、使った方がいいなと思い始めました。あの映像を見たら誰もが、シミに対しての何かしらの行動を起こすと思います。

日傘

それからちょっと外に出る時も、顔は勿論手足の出ている部分にきちんと「日焼け止め」を塗るようにしました。日傘等があまり好きではないので、日焼け止めで何とか紫外線をカットしなければと思ったのです。あれだけの恐怖映像(笑)を見せられて、まだ好き嫌いで日焼け対策を怠る私もどうかと思いますけど。

ビタミン豊富な果物

そしてビタミンCの多いキウイや柑橘系の果物をなるべく多く採るように心がけるようにしました。サプリもいいのかもしれませんが、面倒くさがりなのできっと飲むのを忘れてしまいそうなので、果物なら意識せず採れるかなと思ったからです。

サプリに関しても一応調べてみると、果物のように食後にデザート感覚で摂取出来るゼリーのようなサプリもあるようです。サプリにはビタミンCやコラーゲンなど美肌になるための成分がたっぷり含まれているようですね。果物の皮を剥いたり切ったりするのが面倒くさいという人は、サプリの方が良いかもしれませんね。

鏡を見る女性

30代から出来る顔のシミは女性の大敵

当サイトは、基本はニキビに関する対策情報などがメインなのですが、ニキビ以外に美容の情報も載せていきたいと考えている次第です。

ニキビの情報とともに美容に関するその他の情報も参考にして、美肌復活への道を着実に歩んで行って欲しいと思います。

そこで、今回は顔に出来る「シミ」に関する記事を書いていきたいと思います。シミ一つで見た目年齢がぐっと老けてしまうにっくきシミに関して、30歳前後の女性の悩み・体験談を紹介します。

色白の肌はシミが目立つ

シミは女性にとって大敵です。最近は美白美白と言われているし、シミのない綺麗な肌に憧れを持つ女性も多いと思います。私もシミのない綺麗な肌にもちろん憧れますが、現在シミだらけの顔になってしまい、自分の顔に自信がないです。自慢ではないですが、もともと色白な事もあり、シミができやすく目立ちやすいという事もあるかもしれません。

シミの色は、様々な種類がありますが、基本色は青や赤そして黒といったものです。シミのサイズが小さかったとしても、どのしみの色もベースの肌の色が白いとどうしても目立ってしまいます

老け顔の原因はシミ

そんな私ですが、25歳前後に左目の下にすごく大きなこれぞシミみたいなシミができてしまい、それから濃くなる一方です。

さらに、33歳妊娠中の今はもっとひどくなり、また別の大きなシミが1つできてしまいました。シミができて思う事は老け顔になったなぁという事です。

先日、久しぶりに姉に会うとやはり老けたと言われてしまいショックでした。自分で普段から鏡を見ていて分かっていたものの、いざ人から言われるとやっぱりそうなのかぁと不快な再確認をしてしまいました。

シミを消す化粧品もたくさん出ているし普段のお手入れから良い物を使って一生懸命やればいいというのは分かるのですが、いい化粧品を買う経済的余裕もなく、今はとりあえず必要最低限の日焼け止め等の予防をして乗り切るしかないかぁと思っています。

参考:顔にシミが出来ないように紫外線対策はしっかりと!

出産・育児が落ち着いて仕事復帰をし、少し経済的余裕ができたら、レーザーでシミ取りをしようかなと今真剣に考えているところです。ただ、それまでにシミの状態がひどくならないように日焼け止めを継続しつつ、肌に良いと言われているコラーゲンなんかも食生活に取り入れていきたいと考えています。

参考:コラーゲンを美味しく摂取出来る食材